ストーカー行為をする人とは?

ストーカーになる人とは

どんな人がストーカーになるのか

  • とんどが面識ある人がストーカーとなるのです。
  • ストーカー対策として、ストーカーになりやすいタイプの人には近付かないという人もいるようですが、ストーカーになりやすいといわれる決まった性格はないと言われています。
  •  

  • んな人でもストーカーになりうるのです。この人は安心、この人はストーカーになりやすいから気を付けよう、と判断するのは難しいのです。
  •  

  • 今まで普通に仲良く接していた人が、ある日突然ストーカーになったというケースも多いのです。ストーカーと被害者の関係をみると、交際相手がストーカーになったというケースが半数以上にもなるのです。
  • 現在交際している人、元恋人だったという人が、ストーカーになるケースが多いのです。
  •  

  • 別れた相手にいつまでも気持ちがあるような素振りをしたり、相談事をしたりするのはよくありません。きっぱり、はっきりとした態度で接することがストーカー対策となるのです。元夫など配偶者がストーカーになることもありますし、職場の同僚や上司などがストーカーになることもあります。
  •  

  • 場では立場を考え、相手に合わせた態度をとることも大切となりますが、変に気を持たせてストーカーにさせてしまわないよう気を付けましょう。
  •  

  • 友人と思っている人も、密かに好意をよせているかもしれません。面識のない人がストーカーになることもありますが、ほとんどが面識ある人がストーカーとなるのです。

 

 

 

あなたのゴミも狙われる

  • ストーカーはどんな時でも狙っていますから、油断することのないよう心がけましょう。
  • 貴方が出すゴミ袋も狙っているかもしれません。ゴミ袋の中には貴方に関する情報がたくさん入っているのです。
  •  

  • 共料金の明細などから、詳しい住所や電話番号を知ることも出来ます。給与明細では勤め先なども知ることが出来るのです。見られたくないものはシュレッダーを利用したりして、他人に情報を与えないようにするのもストーカー対策となるのです。日頃から神経質になることもありませんが、明細やレシートは見られないようにしておきましょう。
  •  

  • んな食べ物や飲み物を好んで摂っているのか、どんなところに外出しているのかなどもレシートなどで知ることが出来るのです。
  •  

  • ストーカーはいつでも貴方を狙っています。いつどんな時でも貴方について知りたいと考えているのです。もっと知りたい、近付きたいとチャンスを狙っています。ストーカーに被害に合わないよう、日頃から曖昧な態度で接したりしないよう、ストーカー対策を行なうことも大切となります。
  •  

  • ストーカー被害に合ってから慌てて対処するのではなく、ストーカー被害に合わないように気を付けることも大切となるのです。貴方の情報を相手に与えないのも必要となります。
  •  

  • 一人暮らしの人は複数の人と暮らしているようカモフラージュをしたりするのも、ストーカー対策のひとつとなります。

 

一人で悩まない

〜ストーカー被害に合ってしまったら〜

  • ストーカーは会社にも出没するかもしれませんので、抵抗があるかもしれませんが、会社にもストーカー被害にあっていることを正直に話しておいたほうがいいと思います。
  •  

  • トーカーには素早い行動で対策を打つようにしましょう。会社に協力してもらえば、個人情報を教えてしまう心配もなくなりますし、ストーカーと対面することを防ぐことも出来ます。
  •  

  • ストーカー被害に合ってしまったら、すぐに誰かに相談するようにしましょう。ストーカー対策として誰かに相談することも重要となるのです。親や友人などにはすぐに知らせておくようにしましょう。
  •  

  • 一人の時間を作らないように協力もしてくれるでしょうし、一人で悩むよりも気持ちが楽にもなります。

 

 

面識のある人ない人

  • 識のない人からのストーカー被害を受けているなら、誰かに相談し協力してもらうことがストーカー対策として有効となります。
  •  

  • 面識のある人からのストーカー被害にあっている場合は、相談することもストーカー対策として大切になりますが、警察に相談することも忘れないようにしましょう。

 

禁止命令

  • 警察でストーカーに対し禁止命令を出してくれる場合もありますし、被害者を守ってくれますのでまずは警察に相談してみましょう。
  •  

  • 識のある人からのストーカーの場合は、親なども油断しがちで二人きりにさせられたり、いきなり家に来られたりということも考えられますし、電話を取り次いでしまったり個人情報を教えてしまうこともありますので気を付けましょう。

 

証拠は取っておく

  • 知らないうちに写真を撮られたり、盗聴されたり、汚物を送られたりと、心が休めない状況を招くことになるのです。
  •  

  • ストーカーの被害はどんどんエスカレートしていくことが多いものです。この程度なら我慢できると、一人で悩みを抱え我慢してしまう人もいますが、ストーカー行為は絶対に許してはいけません。
  •  

  • ストーカー被害はどんな小さなことであっても、きちんと警察や友人などに相談することがストーカー対策として重要となります。
  •  

  • た、ストーカーの被害にあっているのかもと感じたら、必ず証拠を残しておくようにしましょう。ストーカー被害を明らかにすることで、ストーカー対策にも役立つようになるのです。
  •  

     

  • 警察にストーカー被害を相談するときにも、しっかりとした証拠があるほうが、警察が捜査しやすくなるのです。何か起こってから行動をするのではなく、起こる前にしっかりと予防することを忘れないようにしましょう。汚物などが送られた場合には、写真を撮っておくといいでしょう。日にちと時間を書いたメモと一緒に写真を撮るのもいいでしょう。

 

ストーカー対策と防犯グッズ

ストーカー対策にも役立つ防犯グッズは、小型のタイプも販売されていますし、ぱっと見では防犯グッズだと気付かれないようなタイプも販売されていますので、早やめに用意しておいたほうが安心です。ストーカーはいつどこでどんな行動に出るかわかりませんので、油断してはいけません。

 

トーカー対策として、いつも持ち歩いておきたいグッズがあります。防犯ブザー、防犯ベル、催涙スプレー、スタンガンなどの防犯グッズを身に付けましょう。
自分の身は自分で守ることもストーカー対策として重要となるのです。いつどんな時にもすぐに使うことが出来るよう準備しておきましょう。

 

声は掛けない!
かけるとストーカーはより過剰な行動に出ることが多いのです。話せば分かるはず、というのは通用しません。

 

1対1になることで命の危険性も出てきますので、絶対にストーカーと直接話してはいけません。外出するときには友人に付き添ってもらうなど、協力してもらうようにして、一人で行動しないよう心がけましょう。

 

トーカーが顔見知りというケースも多いようですが、ストーカーに同情してはいけません。ストーカー行為を行なうようになった人に対しては、強くはっきりとした態度でいないといけません。

 

ストーカー対策として言えるのは、ストーカーとは目も合わさず、存在を認めてはいけないということです。